忍者ブログ
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/22 kiyatchi]
[03/17 OK腹]
[01/23 OK腹]
[01/22 OK腹]
[01/22 まむりん]
最新TB
バーコード
 
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご無沙汰をしている間に、すっかり冬の景色となった札幌。
今日も雪がチラホラ舞い落ちてきています。


さてさて、
みなさんは
イヌ派ですか?
それとも
ネコ派ですか?





ペット選びや好き嫌いのことではなく、
冬の過ごし方のお話です。

唱歌に歌われているとおりとすれば、
寒さや積雪なんてなんのその、
テンション変わらず駆け回っちゃう!と氷をも溶かすくらいの熱量で
冬期もトレーニングにいそしむランナーさんはイヌ派、
いやいや、
そもそも動物には「冬眠」という習性があるくらいなんだから、
わざわざ北風吹きすさぶツルツル路面の”おんも”に出なくても〜という
ランナーさんはネコ派、
と例えられられそうですね。


札幌はじめ、だいたいの雪国では
早ければ11月中旬あたりから雪どけ進む4月半ばまで、
ランニングイベントはオフシーズンとなります。
雪の影響が少なく気温もそれほど下がらない地域では
本格的なレースシーズンにあたるわけですから、
もう本当に真逆なんですよね。

そういったオンシーズン地域まで遠征にでかけるランナーさんは別として、
イヌ派さんもネコ派さんも、
冬期間のトレーニングは迷う方も多いと思います。
「テンション変わらず駆け回っちゃう!ワンワン!」という方でも、
路面状態や天候が悪ければ、トレーニングの質も量も低下ぎみになります。

そこでひとつご提案。
オフシーズンはもちろん、オンシーズンにもたまに取り入れたい
「水中ランニングトレーニング」はいかがでしょうか。

この時期は当然ながら屋内の温水プール施設を利用しますので、
ネコ派さんも比較的抵抗感が少ないのではないでしょうか。



 


水の中では浮力が働くため各関節にかかる負荷が軽減されます。
関節の機能に不安のあったりケガを抱えているときに、
リハビリトレーニングとして実施したことがある方もいるかもしれませんね。
でも、身体の不安や障害がない時にも、
とても有効なトレーニングのひとつだと考えています
(作戦隊長補佐も、結構取り入れています!)。

利点として挙げられるのは、
先に触れたように浮力による関節等運動器官への負荷軽減、
そして、
水の抵抗があるので、陸上(空気中)とは異なる身体の感覚や認識が得られ、
それを利用した身体の使い方のトレーニングを展開できること、
加えて、
水の抵抗がかかった中で動くことによる筋力強化、
などです。

実際にどんなことをするかというと、
水中ウォーキングをメインに、
動きづくりのドリルや、
水の負荷を利用して身体のバランス力や操作性を磨くドリルなど
数種類を行います。

これまでは主に自分用に取り入れてきた水中ランニングトレーニングですが、
実は先日、知人のランナーさんのトレーニングサポートとして実施しました。

ランニングをはじめる以前から股関節まわりの機能にやや不安をお持ちで、
陸上(空気中)でのトレーニングでは負担が大きくなりすぎないよう
量も質も調整しながらとなります。
身体の使い方のドリルなど、もう少しやれば
コツやポイントをつかみやすいのだけれど・・・
と感じながらも、そこは安全と健康最優先、
はっきりとした手応えをつかむ手前で押さえておくということもありました。
そこで視点を変えて「水中でトレーニングしてみませんか?」
と提案してみたのでした。

実施する内容は、このランナーさんの状況に合わせてアレンジ。
勝手が違う水の中、
最初は動きのコントロールの難しさに苦戦気味の様子でしたが、
タイミングやポジショニングを意識したドリルをいくつか実施するうちに、
水中でのウォーキングの速度が目に見えて変化!
全身の協調・協働をはかって”もりもりズンズン”前進します!!
終了後、ジャグジーバスでひと息つきながら感想をうかがうと、
「何となくの自覚だった身体の左右差がよりはっきり認識できた」
「身体の協調・協動を実感した(その結果、前に進む感じがわかった)」
といったことをお話くださいました。

もちろん、水中でのランニングトレーニングだけで
ランニング力がアップする訳ではありませんが、
うまく取り入れることで、底上げの効果はかなり期待できると思っています。
最近は「ウォーキングコース」レーンが用意されているプールも多くあります。
冬期間の走力&モチベーション維持のひとつの方法としてはもちろん、
スキルアップのためにぜひ取り入れて!と
強くプッシュしたい作戦隊長補佐(どちらかというとネコ派;)でした。



 



注) 浮力によって各関節にかかる負荷は軽減されますが、
  全く負荷がかからないという訳ではありません。
  障害の部位や状態によってはむしろ悪影響を及ぼすことも考えられ
  ますので、痛みや違和感が強い場合は医療機関で確認をとったうえで、
  いずれにしても無理のない範囲で行うことをお勧めします。






♪♪♪ ヒャッカムweb.トップページは
      ⇒⇒⇒こちらをクリック!♪♪♪






PR
こんにちは。

いつもありがとうございます。作戦隊長補佐です。


お久しぶりのブログ更新となりました。
間が空いてしまうのにはいろいろと理由があるのですが・・・
とはいえ、あまり望ましいことではありません。
面目なし、です。


さてこの約1ヶ月の間、
活動をまったくしていなかったわけではなく、
状況に合わせてランニングのサポートや研究は続けています。


先週と今週の週末は、
それぞれランナーさんのチャレンジ!のシーンにご一緒させてもらいました。


まずは、
アスリーツ・ラボ ランニング部の、秋恒例のマラニック。
札幌中心部から南に向けて小金湯温泉まで、
ニコニコペースのロング走です。
マラニックは「マラソン」+「ピクニック」の造語で、
ピクニック感覚で風景や会話やところどころの休憩を楽しみながら、
比較的長い距離(時間)を走るというもの。

この時期のマラニックの楽しみのひとつは、紅葉。
終わりの時期にさしかかってはいますが、
木立や山並みの赤や黄色のグラデーションをまだまだ味わえます。

この日はスタート時はたまにポツリとあたるかな?程度だった小雨が、
やがてしっかり雨降りとなってしまいややテンションがさがり気味の一行。
ですが道行きも終盤、のこり5kmほどという頃から雨はあがり
雲間に青空も見えはじめました。

ちょっと遠出の、ダラダラと長く上りが続くコースも、
みんなと一緒のマラニックなら足取りも軽く進みます。
全員笑顔でのゴールとなりました。

もちろんこの後は、
汗を洗って温泉でひと息つき、
ごちそうとごちそうドリンクで心もお腹も満たして締めくくり!ました。







そして今週末は、
「crageオカエシ ランニングレッスン」。

これは7月に『みてみて「ミタテ」ロゲイン』を開催するにあたって
ご支援ご協力を募ったクラウドファンディングで、
サポーターとなってくれた方々へのオカエシとして実施するものです。

荒天による延期を経たので、
秋も終わりのこの時期になりました。

降雪があるかも?!という予報さえあった空気の冷たい日でしたが、
風がなく、雪もまぬがれたので、
紅葉をバックに身体を動かせばうっすらと汗もかきます。

ランニングの前に実施したいダイナミックストレッチや、
動きのバージョンアップを目指すランニング・ドリルなどを、
各自身体の感覚をチェックしながらおこないます。

はじめて体験する動きや感覚も多くあったようで、
さぐりさぐりチャレンジする表情は真剣!
質問や感想もたくさんいただきました。







屋外で思う存分に身体を動かせるのも、もうわずか。
秋の終わり(冬のはじめ?)に、 2回に渡ってとても貴重な、
そしてとても楽しいうれしい時間をご一緒させていただきました。

みなさん、
ありがとうございました!






♪♪♪ ヒャッカムweb.トップページは

      ⇒⇒⇒こちらをクリック!♪♪♪








こんにちは。
いつもありがとうございます。作戦隊長補佐です。


10月に入りました。

秋深し、ですね。






さて、
唐突ですが
ひとつ考えてみてください。


「強い競技者(選手)の条件」は?と聞かれて
みなさんはなんと答えますか?








<Let’s think !>









どうでしょう。
どんなことが思い浮かびましたか?

個人の考えを聞いているので、
おのおの違って当然、
100人いれば100通りの答えがあるでしょう。

実はこれ、
ずいぶん前に作戦隊長補佐自身が、
知人のアスリートから受けた質問です。
その時もまさに唐突な投げかけでした。

半ばインスピレーションで答えた作戦隊長補佐の考えは、
「自分を知っていること」。

その後少し月日をあけてから
あらためて考えを進めて微修正しました。
昨年まで連載ページを持たせてもらっていた
『ランニングの世界 』(17号)という雑誌でこの話に触れて、
「自分を知っていること」
から
「自分を知ろうとしていること」
に変わりました。

それからまた少し経って、
今またもっと噛み砕いた表現に変えてみようと思います。

「自分を知ろうとしていること」
から
「いまある自分を認めながら、
 まだその先の自分を知りたいという
 止めどない好奇心に突き動く人」。


あれ、
噛み砕いたつもりが、
返ってわかりにくくなっているような気もしますが・・・


一般に「強い競技者(選手)」というと、
秀でた競技パフォーマンスを持ち、
競技成績の高い選手のことを指すのでしょうけれど、
この「いまある自分を認めながら、まだその先の自分を知りたいという
止めどない好奇心に突き動く人」を条件とするならば、
必ずしもイコールになるとは限りません。

それほど名の知れないアマチュア選手、
いわゆる市民レベルといわれるランナー、
これまで競技や仕事を通じて出会った中にも、
この光り輝く「強さ」を持つ人が多くいます。


勝ち負けで言えば、必ずしも勝ち続けるわけではない。
調子の良い時もあれば調子が載らない時もある。
どんな状況でもその時々の自分を認めながら、
まだ知らないその奥の自分、その先の自分、また違う自分を求めたいという
好奇心を何より大事に動いていく、
動かずにはいられない。
自ら選んだ困難の中をも、いきいきと、時に楽しげに進んでいく。
その言動が傍からの理解を得られないことがあっても、
そのことで立ち止まりそうになっても、
知りたい求めたいという好奇心から動かずにはいられない。


そんな「強さ」に、
身体的な要素や環境や機会を持ち合わせた人が、
結果として大成していく(いる)のではないでしょうか
(と、某野球選手、某スキー選手、某テニス選手などを
 頭に置きながら書いております)。



作戦隊長補佐なりのこの答え。
もしかしたら
「強い選手の条件」イコール、
作戦隊長補佐が個人的に抱く
「好きな選手」「憧れる選手」「目標としたい選手」の像
なのかもしれません。
この光り輝く「強さ」を感じると、
ついつい惚れちゃいますもん!
ね。



前回は直球で「心」について書きましたが、
気づけば今回のブログも
また別の形の「心」へのアプローチとなりました。




みなさんは、どうでしたか???

北海道のオンシーズンもフィナーレに近づこうというこの時期、
レースやトレーニングの合間に、
こんなちょっと違った角度から
ランニングのことを考えてみてはいかがでしょうか。





♪♪♪ ヒャッカムweb.トップページは

      ⇒⇒⇒こちらをクリック!♪♪♪










こんにちは。



いつもありがとうございます。作戦隊長補佐です。



今日は「心」についてのお話です。



スポーツでよく使われる言葉に

「心・技・体」がありますね。

ランニングの仕事の現場、またこのブログの記事でも

身体の使い方やトレーニングの種類・組み立てなど

「技」と「体」に関わることは多くお話ししています。

それに対して「心」の部分を扱うことは少なめかな、

と自分自身振り返ります。

でもそれは決して重要度が低いからということではありません。

理由はひとつ。

とてもとても難しいと感じているからです。

(もちろん「技」「体」も難しくって、研究/作戦途上中に他なりませんが!)



スポーツ心理学などスポーツの現場に特化して「心」を扱う分野もありますが、

個人的には「心」に関してはスポーツ時だけを切り取って考えるよりも、

生きるうえでの生活丸ごととしてとらえる必要があるだろうと感じています。



例えば、仕事や人づきあいなどで悩みや不安があれば

スポーツ(ランニング)にも影響しがちでしょうし、

スポーツ(ランニング)をする上での悩みや不安があれば、

同じように他にも影響することでしょう。

ウェアやシューズを替えるように「心」まで完全に切り替えられることなど、

ないですよね。



スポーツ(ランニング)の場面の心を鍛える!という発想より

もっとずーっと視野を広げて、

全体としての自分の「心」のあり方について考えたり感じたりする。

そういったアプローチもランニングライフを豊かにする大事な要素

だろうと思います。









さてここで、恥ずかしながら平川個人についてのことを

少しだけお話しします。



臆病で、自己肯定感が低く、外からの評価を気にしがちで・・・etc

これは、私が自分に対してもつ自己イメージの主なものです。

散々〜ですね。

こんな「ダメな私」として過ごす毎日は、

失敗したり迷惑をかけたりしないようにと気を張りながらも、

内心では怖れを抱いたり落ち込んだり・・・

正直、結構しんどいものです。

当然、競技者時代のパフォーマンスにも、

そしてそれ以降続くランニングの研究/作戦にも影響してきていますし。



そんな「心」の扱いについて「なんとかしたい!」と思って、

本を読んだりネット上で情報を集めたり人から話を聞いたりと、

長年いろいろ探ってきました。

その中で今のところ最も相性がいい!と感じて実践しているのが、

アティデューディナル・ヒーリングという手順(ワーク)です。



「自分で自分の心の姿勢をとらえ直し気づきや癒しを得るひとつの方法」

とでも説明しましょうか。

アティデューディナル・ヒーリングは、

もとは致命的な病気の子どもたちの心のサポートのために

アメリカの精神科医とボランティアによってはじまったもので、

その効果が認められて、子どもたちの家族、そしてそれ以外の多くの人々へと

広がっていったのだそうです。



AHの日本拠点の公式webページから「AHについて」の一文を引用します。



 『アティテューディナル・ヒーリング(AH)というのは、

 心の平和を唯一の目的とし、

 自分の責任で心の姿勢(アティテュード)を選び取っていくというプロセスです。

 恐怖や不安、怒りや自責の念という感情にとらわれて

 「敵」のいる人生を過ごしていくのか、

 それとも、こういった感情を手放して無条件の愛を感じながら生きるのか、

 という選択は、個人の力で自由にできるという信念がその根底にあります。

 前者の心の姿勢を「怖れ」と呼び、後者を「愛」と呼びます。

 「怖れ」を否定するのではなく手放すことが、

 アティテューディナル・ヒーリング(AH)の中核です。』





「愛」「平和」「癒し」「怖れ」などの言葉がよく使われることから、

特定の宗教宗派や自己啓発思想と思われがちですが、

残念ながら?違います。

何かをしなければならない、あるいはしてはいけない、

という規制や強制がありません。

信仰や思想との併存も可能なものです。



書籍を読み、ワークショップを体験した作戦隊長補佐でさえ

言葉で説明するのはとても難しいので、

ご興味のある方はアティデューディナル・ヒーリングのwebサイトや書籍、

またワークショップなどで直接触れてみてください。



 ■AHJの公式webサイト

 http://www.ah-japan.com/



 ■北海道(札幌)で開催されるワークショップ

 10月12日(月・祝) 10:00〜

 「アティデューディナル・ヒーリング入門ワークショップ」

  ※ワークショップの開催は首都圏が主で、

   北海道での開催機会はとても少なく貴重です。

   今回は平川が熱望したこともあり、開催が決定!感謝しています。
詳しいことはアティデューディナル・ヒーリング公式webページにてご確認ください。












「心」。

先にも書いたように本当に難しくてデリケートなものですね。

ひとりひとり拠りどころとするモノ・コトが違って当然です。



ですから、

「絶対にこれがいい!」

「これが効きます!」

などとは決して言いません

(身体についても同様ですが)。



それをビシッと踏まえた上で、

作戦隊長補佐=「ダメな私」として、

いま一番相性のよさを感じ、

しんどさがグッと減って、

これからも続けていきたいと思っている、

「心」へのアプローチのひとつの方法についてご紹介してみました。

よかったら参考にしてみてくださいね。







♪♪♪ ヒャッカムweb.トップページは

      ⇒⇒⇒こちらをクリック!♪♪♪













こんにちは。
いつもありがとうございます。作戦隊長補佐です。

今日から9月。
そう聞いた途端に気分がすっかり秋めいてきますね。



久々の荒井山展望台から見る札幌の空も、
ギラギラ感がやわらいできているようです。



8月、夏の締めくくりのおとといは、
世界陸上最終日の女子マラソンレース、
そして地元的にはそれをずーーーーーっと上回る盛り上がりの
北海道マラソンレースが開催されましたね。

今年は、気温の方はほどほどの上がり具合でしたが、
雲間に時おり「炙り焼きにする気?」というような強い陽ざしがあり、
またコース後半では向かい風が強くなって、
一筋縄ではいかない気象条件となったようです。


久々に今年は沿道からの応援観戦に復帰しました。
一昨年・昨年と、いろいろ事情がありお休みしていましたので。

復帰といっても、
メッセージプラカードを掲げて大声連発!
ピンクアフロで大声連発!
なんていうような あの独特なスタイルはなしで、
バルーンスティック(名称あっているかな)を鳴らしつつの
常識的な??応援です。

知り合いを見つけては声をかけつつ、
でも出場ランナー全員にエールを送るつもりで最後まで立っていました。


出場のみなさん、本当にお疲れさまでした!

機械的に記録されるレースタイムの数字からだけでは推し量れない、
何にもかえ難い体験、わき起こる感情がそれぞれにあったことでしょう。
そんな財産を得られたことを心底うらやましい!と思います。
そしてまた、
ひとりひとりの果敢なチャレンジに敬意を表します。


真夏の熱闘が終わり、
北海道のランニングシーンにとっては
今年のシーズン後半が幕を開けますね。
ファンランからフルマラソンまで、
嗜好をこらしたものから本格派ロードレースまで、
各地の大会でまた多くのランナーの姿が見られることでしょう!

でも、
寒さや雪の心配をまったくせずに走ることができるのは、
もう2ヶ月あまりくらいしかないんですねー

早いなぁと思いつつ、
いや、
先のことや終わったことに囚われずに、
とりあえず、今に集中!

一歩一歩を慈しみましょう!!


・ー・・ー・・ー・・ー・・ー・・ー・・ー・・ー・

以下、crageオカエシ対象の方宛てのご連絡です。

オカエシ ランニングレッスンについて、
ご依頼しておりますご返信(ご返送)、
日程調整など、全体の進行に影響があるため
なにとぞ早めにお手続きいただきたく、
どうぞお願いいたします!




♪♪♪ ヒャッカムweb.トップページは
      ⇒⇒⇒こちらをクリック!♪♪♪


忍者ブログ [PR]