忍者ブログ
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/22 kiyatchi]
[03/17 OK腹]
[01/23 OK腹]
[01/22 OK腹]
[01/22 まむりん]
最新TB
バーコード
 
[253] [251] [250] [248] [247] [245] [244] [243] [242] [241] [240]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは。
いつもありがとうございます!
作戦体調補佐です。

次こそは「感心→考察→仮説/2015年箱根駅伝③」の回、
・・・のつもりでいましたが、
もうひとつタイミングを逃したくない話題を先に書きたいと思います。

箱根駅伝の話題も十分タイミングを逃しつつありますが・・・



先日観てきた映画の話です。

実在するインドの英雄アスリートを描いた映画、

「ミルカ」
(原題「BHAAG MILKHA BHAAG」)

です。


 



1月30日から全国ロードショーが始まっているので、
ご覧になった方もいるでしょうか。

あまり前知識を持たずに観ていただくのが一番だと思うので、
公式ページに記載されている言葉からの引用を少しだけご紹介します。

「ひとりの少年がたどる壮大な人生の旅
 心ゆさぶる実話の映画化!」

「実在の伝説的アスリートの数奇な人生が
 インド映画の粋を集め、躍動と感動の一篇に」

「ミルカは、なぜ走るのか?
 人間の深淵に問いかける叙事詩でもある」


映画は、
1960年のローマオリンピック陸上競技400m決勝のシーンから始まります。
ぶっちぎりで飛び出した世界記録保持者でインド代表のミルカ・シン。
第4コーナーを回っていよいよゴールに向かうというところで
彼は大きく後ろを振り返り、後続に次々と抜かれてしまいます。
期待されていた優勝どころかメダル獲得さえも叶わずに。
振り返った先にミルカが見ていたものは、一体・・・


と、ここまでの紹介では重く真面目な作品の様ですが、
そこはインド映画。
お約束のにぎやかな踊りのシーンやくすっと笑える場面も散りばめられています。
それになんといっても、
主役ミルカ・シン役の俳優 ファルハーン・アクタルの快演
(あるいは怪演)は一見の価値ありだと思います。
役づくりで鍛え上げたという身体と、様になっているスプリントフォーム。
中盤、再起に向けて取り組むトレーニングの様子は、
短距離選手というよりむしろ長距離選手として十分通用しそうです。

子供時代役や姉役、恋人役の俳優たちも
とても美しく魅力的でした。


このくらいにしておきましょうね。

劇中の人物とともに一喜一憂しながら、
最後までぐいぐい持っていかれる2時間半でした。

作戦隊長補佐は、
何度叫んだことか。

「行けー!ミ・ル・カーーー!」

もちろん心の中で、でしたけど。


興味とお時間ありましたら、
ご覧になってみませんか?


「ミルカ」公式webページはこちらです ↓↓
 http://milkha-movie.com/index.html







♪♪♪ ヒャッカムweb.トップページは
      ⇒⇒⇒こちらをクリック!♪♪♪







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]