忍者ブログ
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
ブログ内検索
最新CM
[07/22 kiyatchi]
[03/17 OK腹]
[01/23 OK腹]
[01/22 OK腹]
[01/22 まむりん]
最新TB
バーコード
 
[242] [241] [240] [238] [236] [235] [234] [233] [232] [231] [230]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは。

先ほど、
東日本大震災 3周年追悼の黙祷をいたしました。

3年、なんですね。



先日、ずっと気になっていたことの答えをひとつ見つけました。

まだ作戦隊長補佐(私)が現役陸上競技者だった、20年あまり前のこと。
北海道の女子駅伝チーム強化の合宿がありました。
場所は福島県内、総合スポーツ施設を利用してのトレーニングでした。
これまでに福島県を訪れたのは、この一回だけです。

東日本大震災後に、そのことが時々頭に浮かびましたが、
どうにも地名がおぼろげにしか思い出せないでいました。
数日前に被災地の今について書かれた新聞記事を読みながら、
「ん?あれ?もしや・・・」とふと思い当たり、
ネットで調べてみて、判明しました。

その場所は大熊町。
まさに福島第一原発が建つまち、でした。
町のすべてが帰還困難区域、居住制限区域、避難指示解除準備区域に指定されています。
合宿でお世話になった「大熊町総合スポーツセンター」は帰還困難区域内、
福島第一原発からの距離は3〜4kmです。

「そうだったのか・・・」

ただの一回の、わずか数日の、ほんの小さなご縁ですが、
思いを馳せずにはいられません。

それは、(私)の人生の、(私)という人間の一部分だから。


あらためて、
追悼の念を捧げます。





♪♪♪ ヒャッカムweb.トップページは
      ⇒⇒⇒こちらをクリック!♪♪♪




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]