忍者ブログ
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/22 kiyatchi]
[03/17 OK腹]
[01/23 OK腹]
[01/22 OK腹]
[01/22 まむりん]
最新TB
バーコード
 
[161] [160] [159] [158] [157] [156] [154] [153] [151] [149] [148]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは。


皆さま、お正月をいかがお過ごしですか?


元日・2日と続けて、比較的穏やかな天候となった札幌。
初詣や初売りも賑わったのでしょうね。

そんなお出かけ日和となったにもかかわらず、作戦隊長補佐(私)は
昨日元旦「初日の出トレRUN」に出かけた以外、外に出たのはちょこっとしたお遣いのみ。
ほとんど家の中におりました。

PCに向かっているか、テレビを横目で見ているか、はたまた家事をしているか・・・
外での仕事がない分、休暇らしいと言えばらしいのですが。

”正月”色があると言えば、
毎年恒例の駅伝放映観戦くらいでしょうか。

自分のトレーニングが激減してしまっているとあって、
スポーツに汗を流す懸命な姿を見ると、
応援半分/気後れ半分という心持ちになります。



さて、せっかく年初めなので、縁起の良いというか、
元気の良い、元気をもらえるアスリートの話をひとつ。

resize0773.jpg









 

(『アラウンド・ザ・コーナー』facebookより)



作戦隊長補佐(私)が大学生時代に所属した陸上競技部の監督は、
元オリンピック走り幅跳び日本代表選手の浜松ヨシ江(旧制:高橋)さん。

とにかくパワフル、そして好奇心が旺盛。
それに加えて茶目っ気がたっぷりな方です。
長距離ブロックの合宿先が温泉地だった時には、
誰よりも楽しそうに温泉三昧をしていました。

陸上競技ではほとんど無名だった田舎の高校から、
右も左も上も下もわからずに上京した作戦隊長補佐(私)が、
全国区のエリート選手ばかりが集まるこの陸上競技部で、どうにかこうにか
4年間やっていけたのも、浜松監督の大らかさと懐の深さによります。

お会いする度にいまだに言われるのが、
「あなたは本当に心配だったのよー。入学してきたときは、まるで中学生みたいでねー。
 卒業してからもね、どうなるかと思って~」。

かなり心配をおかけしたことには、たっぷりと自覚があります。
でも、浜松さんはどんな時でも、こんなに頼りない作戦隊長補佐(私)信用して、
見守り、待っていてくださいました。

大学の陸上競技部の監督職を離れられて数年、ご主人をまだ若くに亡くされました。
さぞ淋しくされているだろうと気にしていましたが、
しばらくすると「やりたいことが多すぎて時間が足りないのよ~」と。
日替わりで、色々な趣味・芸事にいそしんでらっしゃるとのこと。
その時すでに70歳を過ぎていましたから、
本当に「恐れ入りました!」という感じでした。

そんな浜松さんが昨年10月に、
『第30回記念東京マスターズ陸上競技選手権大会』に出場されたと聞きました。
種目はW80(女性80歳以上の部)の60mと100m。
2種目2冠です。

これを知った時の驚きと言ったら!!!
実は浜松さんは、一昨年に脳梗塞で倒れられました。
あと少し処置が遅ければ命にかかわったという大事だったとのこと。

その後しばらくの間は入院生活を送られ、退院後は高齢者向けのケア付きマンションで生活。
言語機能や身体機能に後遺症が残る状態でした。

昨年2月になってやっと顔を見に伺った時には、心配していたよりは元気だけれど、
後遺症による不自由さもあり、どこか不安げな様子で、
私の心に焼き付いている”あのパワフルな浜松さん”とは少し違っていました。

無論、無理のないことです。

それだけの大病を経験されたのですから。


それ以降は忙しさにかまけてなかなか連絡をせずにいた、
そんなところにマスターズ出場の一報です。

「え!?」と一瞬目を疑いました。

さらに、昨年大晦日に掃除をしながら映っていたテレビ番組の画面を見て、
またまたビックリ!

そこには、浜松さんが!!

健康自慢のご長寿さんに焦点をあてた番組で、件のマスターズ陸上の会場の様子を取材しており、
競技場のトラックレーンを疾走する、
Tシャツにランニングタイツ姿の浜松さんが映し出されていました。

競技後には
「脳梗塞を患ったものの、良くなりたい良くなりたいという想いで一生懸命リハビリに励んだ」
「もうホント、陸上バカなんですねー」と、
朗らかにインタビューに答えてらっしゃいました
(NHK「あなたが主役 50ボイス『長寿の国・ニッポンボイス』編」)。


浜松さん、恐るべし。

浜松さん、天晴れ。

浜松さん、感動です。


オリンピックに出場という本当に稀な経験をお持ちですから、
もしかしたら身体的に天賦の才をお持ちの方なのかもしれません。
が、幾つになってもどんな状況におかれても、
楽しみを見出しながら努力を重ねて歓びを積み上げていく、
その姿勢は本当に見事です。

そのうえ、周りにいる人に大きな刺激を与えます。

何より、ご本人はただただ楽しい生きがいを追及して日々過ごしているという、

その気負いのなさが良いのです。


近々、浜松さんに会いに行きます。
生涯現役アスリートのパワーに刺激と影響をいただきに。
とても楽しみです。


お会いして帰ってきたその後の作戦隊長補佐(私)の口からも、
もしや生涯現役アスリート宣言が出るのか?

それとも・・・・・・?!



ちなみに◇◆◇

「浜松ヨシ江」さんをweb検索してみると、
何番目かに『高橋ヨシ江検定』という不思議なページがヒットします。
http://www.kentei.cc/k/1463812/

どうやら、〇〇検定といった任意の検定問題問題集を作成できるページのようです。
早速『高橋ヨシ江検定』を受けてみました。
1問正解で合格となるので、全問(!)正解でもちろん合格~!!
3人目の合格者となりました ♪




♪♪♪ ヒャッカムweb. トップページは
         ⇒⇒⇒
こちらをクリック! ♪♪♪

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]