忍者ブログ
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/22 kiyatchi]
[03/17 OK腹]
[01/23 OK腹]
[01/22 OK腹]
[01/22 まむりん]
最新TB
バーコード
 
[166] [164] [163] [162] [161] [160] [159] [158] [157] [156] [154]
こんにちは。

先日のblogでご報告した『世田谷シティロゲイン 番外編』の様子。
”気がかりなこと”が影響して、後半はボロボロだった顛末を書きました。

一体なにがそんなに気がかりだったのか・・・。

大体にして常に”気がかりなこと”はいくつか抱えている!?作戦隊長補佐(私)ですが、
この日直接的体感的な”気がかり”は、右腸骨稜付近の痛み
実は、ふつうに歩くのが困難な程の痛みを抱えての出走だったのでした。

「痛みがある場合、基本的にその部位に負荷のかかるトレーニングは回避するのをお勧めします」。
仕事上では必ずこうお話ししています。
ランニングライフをより長く楽しんでいただくために、
また遠回りに見えてもそれぞれの目的に着実に近づくための賢い選択として、
自分の経験から、寄り添う気持ちで言葉にします。

ですが今回の参加は研修=仕事の位置づけでしたので、
「多少の無理はしても、一線を越えた無茶はしない」
「速さ・順位はは二の次にする」
と事前にルールに決めて、痛みがある状態での参加を決めました。


「腸骨稜」といっても???ですよね。
作戦隊長補佐(私)も、当初はここはいったいどの部分で何が痛んでいるのか、
さっぱりわかりませんでした。

具体的な場所としては右の骨盤外側の一番出っ張った部分、
ちょうどズボンなどを”腰ばき”する時に引っかかるポイントです。
「そこが、痛む・・・ってことは骨に問題が生じているの!?」
webの検索サイトでキーワードをあれこれ変えながら調べてみると、
その部分は「腸骨稜」という名称で、
おもに下記の筋肉の付着部になっているらしいということがわかりました。
(ものによっては「上前腸骨棘」が付着部と記載があるものも・・・)

広背筋
外腹斜筋
腹横筋
腰方形筋
大腿筋膜張筋 

Pelvis_diagram.png






※図中の左上部「Iliac crest」が腸骨稜
(「ウィキペディア」より転載)


ということは、
骨そのものに異常があるか、あるいはこれら筋肉のいずれかの腱か腱膜に異常があるのか、
もしくはその両方か?
が考えられます。

骨転倒や打撲など、直接的に外力が加わった覚えはないので、
突発性の骨折ではなさそうです。

また、じっとしていると痛みはなく、少しでも動くと痛いという状況からは、
骨そのものだけというより筋肉との関わりで痛みが発生していると考えられます。
さらに、特定の姿勢をとると痛みが和らぐ事からもそれがうかがえます。
このときの特定の姿勢とは、
骨盤を思い切り前傾させ、かつ股関節を内旋ぎみにする、
というものです。

そんなまどろっこしく自己流で調べたり判断しようとしないで、
さっさと医師の診察と検査を受ければ!・・・いいのは百も承知でしたが、
どうにも出張中の出来事だったため、
自分でできる範囲で悪化を防ぐ・快方に向かうことを選びました。
さらには、知人の超専門家にメールで連絡をして、この見方に間違いがないかどうかの
アドバイスをいただき、後ろ盾を確保。
(先生、ありがとうございました!)
これで、方針は決定です。

・ 市販の外用鎮痛消炎剤を使用。
・ 基本的には安静にする。
・ 仕事上では痛みが増さない範囲で動く。必要最低限内に絞る。
・ 痛みが軽減するよう身体の使い方に”工夫”をする。
・ 動いて使ったらアイシング。
・ お風呂でしっかり温めて、その後アイシング。

訳あって痛みが急激に悪化したのが「世田谷シティロゲイン 番外編」の前日、
それから3日間の出張中を、上記の方針で乗り切りました。
症状が悪くなることはなく、状況の中では及第点だったのではないでしょうか。
札幌に戻ってからは、基本的には安静の毎日。
痛みがすっかりなくなるまでは、もう少しかかりそうですが・・・


でも、ランナーの皆さまには、
このような我流の対応は決しておススメはしません。

速やかに専門家に診てもらい、責任のあるアドバイスをもらって、
慎重にケアをしてください。


実際、痛みを軽減させるために”工夫”した身体の使い方も、
長く続けるとほかの部位に影響が出ます。
ロゲインイベント中盤から集中力が低下したことには、
患部の痛みに加えて、この他部位の不具合が影響していたと考えられます。

痛みに痛みを重ねて、心まで痛めてしまうランナーを多くみてきました。
意図的に作ったこの機会に、そのメカニズムの凝縮を体感した気がします。

障害や傷害は当然ながら歓迎するものではありませんが、
でも今回は生じた後に積極的主体的にアプローチをすることで、
貴重な経験をすることができました。


でも、もう一回書きますね。

ランナーの皆さまには、
このような我流の対応は決しておススメはしません。

速やかに専門家に診てもらい責任のあるアドバイスをもらって、
慎重にケアをしてください。




284585_246926798772272_1752636903_n.jpg







 初春に咲く、東京:皇居の冬桜



♪♪♪ ヒャッカムweb. トップページは
         ⇒⇒⇒
こちらをクリック! ♪♪♪


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
今年もよろしくお願します!
晩くなりましたが、あけましておめでとうございます^^。
今年も平川さんと楽しい時間を過ごせますように~♪

冬ロゲ、3月ですね~、早速予定に入れておきます、楽しみです!
今年の冬は雪が多いのに圧倒されて、外でのランはほとんどやっていませんが、結構皆さん走ってますね。いや~、寒い日も多いのにドMな人が多いなあ、と思いつつ、私もジムで基礎的なトレーニングに励んでいます。毎日のようにジムに行って運動できる環境や体力は、とても恵まれていて、感謝する日々です^^。(冬はお仕事が少ないので;;;)
今年もランとスカッシュの二刀流!?でやっていきたいと思います。

平川さんも公私共々、色々と大変かと思いますが、応援していますからね^^。
それではまたお会い出来る日を楽しみにしています~!
あまかた 2013/01/18(Fri)08:19:44 編集
Re:今年もよろしくお願します!
あまかた さん
コメントありがとうございます!
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

早速に冬ロゲ参加表明!を、うれしいです\(^▽^)/
今年もよい天気に恵まれることを祈って、楽しんでいただけるよう準備したいと思います。

あまかたさんも皆さんも、ホント身体を動かすことに前向き(前のめり!?)ですよね。
ご自分のスタイルを持っていらっしゃるあまかたさんは、さすが~。
基礎トレーニングでの身体づくり、良い効果があると思いますよ!

寒さも雪もまだまだ続きそう?ですが、ご自愛くださいね。



【2013/01/18 13:27】
忍者ブログ [PR]