忍者ブログ
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/22 kiyatchi]
[03/17 OK腹]
[01/23 OK腹]
[01/22 OK腹]
[01/22 まむりん]
最新TB
バーコード
 
[110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [101] [99]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは。

連日冷凍庫内にいるような気温の札幌。
吹雪いて吹雪いて街中で遭難か!?というような日もあれば、
今日のように風がほとんどない、日もあります。

ということで、久しぶりにLSD(ロング・スロー・ディスタンス)ランニングに出かけました。
走り出してしばらくは「さむっ!」いのですが、
動き続けるうちに、ウィンドブレーカーの中に汗をかいてきます。
身体の”自家発熱”力、すごいです。

久しく長い時間(距離)を走っていないので、
今日は”ゆっくりペースで、途中少し立ち止まっても歩いてもOK”ルール。
とにかく長時間動き続けること(立ち止まるはあっても)が目標です。
飽きないように遠回りルートを選んで、もくもくと走りました。

「果たして長時間持つかな・・・」
あまりにRUNトレーニング不足なため、実は内心心配だったのですが、
無事に達成!
実はRUNトレ以外に”マル秘特訓”に取り組んでいたので、
そのお陰のようです。
感謝感謝。
この”マル秘特訓”については、
機会があればこの先またブログでお話しします。



凍結を逃れた川面には
カモたちが身を寄せ合うように集まっていました。
resize0433.jpg









「札幌お花見フォトロゲイン 2011」でチェックポイントにした
中島公園の『母と子の像』も、すっぽり雪の中。
resize0436.jpg 












雪道を走っている方も多いと思います。
今は雪道用のランニングシューズが各メーカーから販売されていますが、
作戦隊長補佐(私)がかれこれン年前に札幌で走っていた当時は
そんな優れものはなく、夏道用?のランニングシューズで走っていました。
滑りやすさもさることながら、メッシュの部分から濡れてくるし冷えてくるし~
が一番の困りごとでした。
その点、今の雪道用のランニングシューズはすっぽりと足を包みこむ作りで、
足先が濡れる心配はほぼありません。
素晴らしい。

「雪道は歩くだけでも大変なのに!走るなんて、滑らないの?」
と聞かれることがよくありますが、
作戦隊長補佐(私)の考えでは、
”うまく身体を使えていて、重心の落とし方(地面の押し方)が適切ならば、
足の接地は必要最低限となり、それほど滑らない”ので、
「そんなに滑ることはなく、むしろ歩くより滑りにくいですよ~」
と答えています。

そうした意味では、
雪国ランナーはこの雪道を攻略することが、
身体のうまい使い方、適切な重心の落とし方(地面の押し方)を身に着けられる
またとない機会となっているのでは!?とさえ思えてきます。

何と恵まれていることでしょう!!!
と、発想の転換です。

もちろん、まったく滑らないということではありません。
今日の路面のようにカッチカチに凍っていたり、
あるいは融けかけたふにゃふにゃ雪道、
一見わかりにくいブラックアイスバーン、
そして凍って凸凹になったところを踏み外したとき・・・
そんな時はつるっといきそうになります。
でも、今のところ、転倒はゼロです。

雪道ランニングも、準備と注意とをしっかりすれば良質のトレーニングになります。


高く積まれた”除雪山”にも気をつけてくださいね。
見通しが悪いので、出合い頭に自動車と!!なんてことにならないように。

そして帰宅してからはもちろん、
「うがい&鼻うがい」ですよー



♪♪♪ ヒャッカムweb. トップページは
      ⇒⇒⇒こちらをクリック! ♪♪♪



 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]