忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/22 kiyatchi]
[03/17 OK腹]
[01/23 OK腹]
[01/22 OK腹]
[01/22 まむりん]
最新TB
バーコード
 
[273] [272] [271] [270] [269] [267] [266] [264] [265] [263] [262]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは。



いつもありがとうございます。作戦隊長補佐です。



今日は「心」についてのお話です。



スポーツでよく使われる言葉に

「心・技・体」がありますね。

ランニングの仕事の現場、またこのブログの記事でも

身体の使い方やトレーニングの種類・組み立てなど

「技」と「体」に関わることは多くお話ししています。

それに対して「心」の部分を扱うことは少なめかな、

と自分自身振り返ります。

でもそれは決して重要度が低いからということではありません。

理由はひとつ。

とてもとても難しいと感じているからです。

(もちろん「技」「体」も難しくって、研究/作戦途上中に他なりませんが!)



スポーツ心理学などスポーツの現場に特化して「心」を扱う分野もありますが、

個人的には「心」に関してはスポーツ時だけを切り取って考えるよりも、

生きるうえでの生活丸ごととしてとらえる必要があるだろうと感じています。



例えば、仕事や人づきあいなどで悩みや不安があれば

スポーツ(ランニング)にも影響しがちでしょうし、

スポーツ(ランニング)をする上での悩みや不安があれば、

同じように他にも影響することでしょう。

ウェアやシューズを替えるように「心」まで完全に切り替えられることなど、

ないですよね。



スポーツ(ランニング)の場面の心を鍛える!という発想より

もっとずーっと視野を広げて、

全体としての自分の「心」のあり方について考えたり感じたりする。

そういったアプローチもランニングライフを豊かにする大事な要素

だろうと思います。









さてここで、恥ずかしながら平川個人についてのことを

少しだけお話しします。



臆病で、自己肯定感が低く、外からの評価を気にしがちで・・・etc

これは、私が自分に対してもつ自己イメージの主なものです。

散々〜ですね。

こんな「ダメな私」として過ごす毎日は、

失敗したり迷惑をかけたりしないようにと気を張りながらも、

内心では怖れを抱いたり落ち込んだり・・・

正直、結構しんどいものです。

当然、競技者時代のパフォーマンスにも、

そしてそれ以降続くランニングの研究/作戦にも影響してきていますし。



そんな「心」の扱いについて「なんとかしたい!」と思って、

本を読んだりネット上で情報を集めたり人から話を聞いたりと、

長年いろいろ探ってきました。

その中で今のところ最も相性がいい!と感じて実践しているのが、

アティデューディナル・ヒーリングという手順(ワーク)です。



「自分で自分の心の姿勢をとらえ直し気づきや癒しを得るひとつの方法」

とでも説明しましょうか。

アティデューディナル・ヒーリングは、

もとは致命的な病気の子どもたちの心のサポートのために

アメリカの精神科医とボランティアによってはじまったもので、

その効果が認められて、子どもたちの家族、そしてそれ以外の多くの人々へと

広がっていったのだそうです。



AHの日本拠点の公式webページから「AHについて」の一文を引用します。



 『アティテューディナル・ヒーリング(AH)というのは、

 心の平和を唯一の目的とし、

 自分の責任で心の姿勢(アティテュード)を選び取っていくというプロセスです。

 恐怖や不安、怒りや自責の念という感情にとらわれて

 「敵」のいる人生を過ごしていくのか、

 それとも、こういった感情を手放して無条件の愛を感じながら生きるのか、

 という選択は、個人の力で自由にできるという信念がその根底にあります。

 前者の心の姿勢を「怖れ」と呼び、後者を「愛」と呼びます。

 「怖れ」を否定するのではなく手放すことが、

 アティテューディナル・ヒーリング(AH)の中核です。』





「愛」「平和」「癒し」「怖れ」などの言葉がよく使われることから、

特定の宗教宗派や自己啓発思想と思われがちですが、

残念ながら?違います。

何かをしなければならない、あるいはしてはいけない、

という規制や強制がありません。

信仰や思想との併存も可能なものです。



書籍を読み、ワークショップを体験した作戦隊長補佐でさえ

言葉で説明するのはとても難しいので、

ご興味のある方はアティデューディナル・ヒーリングのwebサイトや書籍、

またワークショップなどで直接触れてみてください。



 ■AHJの公式webサイト

 http://www.ah-japan.com/



 ■北海道(札幌)で開催されるワークショップ

 10月12日(月・祝) 10:00〜

 「アティデューディナル・ヒーリング入門ワークショップ」

  ※ワークショップの開催は首都圏が主で、

   北海道での開催機会はとても少なく貴重です。

   今回は平川が熱望したこともあり、開催が決定!感謝しています。
詳しいことはアティデューディナル・ヒーリング公式webページにてご確認ください。












「心」。

先にも書いたように本当に難しくてデリケートなものですね。

ひとりひとり拠りどころとするモノ・コトが違って当然です。



ですから、

「絶対にこれがいい!」

「これが効きます!」

などとは決して言いません

(身体についても同様ですが)。



それをビシッと踏まえた上で、

作戦隊長補佐=「ダメな私」として、

いま一番相性のよさを感じ、

しんどさがグッと減って、

これからも続けていきたいと思っている、

「心」へのアプローチのひとつの方法についてご紹介してみました。

よかったら参考にしてみてくださいね。







♪♪♪ ヒャッカムweb.トップページは

      ⇒⇒⇒こちらをクリック!♪♪♪













PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]