忍者ブログ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/22 kiyatchi]
[03/17 OK腹]
[01/23 OK腹]
[01/22 OK腹]
[01/22 まむりん]
最新TB
バーコード
 
[67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは

PC不具合等もあり、すっかり過去レポになってしまいますが、
7月23日(土)に開催された「ぎんざんマラニック2011」の様子を少し。

マラニックはご存じのとおり「マラソン+ピクニック」スタイルのランニング。
銀山でのマラニックは里山の風景と空気、そして地元の方々の手厚いエイドのおもてなしが名物です。
新鮮トマトの給食と、ゴール後の豚汁におむすびは、毎回の楽しみとなっています。

resize0210.jpgスタート前には、大会講師:山西先生と西村先生による、恒例のマラニック指南と準備運動。
まるで夫婦漫才!?のような絶妙なやりとりで笑いを誘いつつ、参加者をマラニックの世界と導いていきます。さすがの技です。






そして絶好の青空のもと、10kmコースと20kmコースに分かれてのスタート。

昨年ははじめての参加ということもあり、10kmコースのしんがりでほぼ歩き通した作戦隊長補佐(私)。
今回は20kmのペースリーダー役を仰せつかって、やや…いえ、かなり緊張気味の出発です。
20kmチームはほとんどがランニング愛好者。
その姿からして、各種レースで腕ならぬ脚をならしているだろう!とお見受けするランナーさんが並びます。


resize0209.jpgとはいえ、そこはマラニック。
スタート直後からしばらくの登り道は、ウォーミングアップがてらのウォークで。

札幌からきたという方は「楽しみにしてきた!」と本当にうれしそう。
参加者同士、会話も弾みます。








resize0208.jpg
コース端は水田が広がり、まさに稲の伸び盛り。
豊かな田園風景です。
ここで育ったお米、とっても美味しいんです!
昨年訪れた際にいただいたおむすびがあまりに感動的だったため、以来作戦隊長補佐(私)は銀山の農家さんから直接お米を購入しています。





resize0207.jpgお待ちかねの、約5kmごとのエイドステーション。
給水はもちろん、バナナと、そして地場産の朝もぎミニトマト。
さらに今回はお手製の「きゅうりのからし漬け」が大好評!
汗をかいた身体に、程よく残った水分と塩味がイイ~~
後を引くうまさに、なかなかエイドを離れられません・・・






resize0212.jpg初めての距離にも挑戦しやすいのが、マラニック。
10km程度しか走ったことがないという参加者も、
ゆっくりペースでしっかり休憩を取りながらのマラニックで、
完走を目指します。










resize0211.jpgゴール、まで残り2kmほどになり、コースは畑のあぜ道に突入。
向かって左側はそば畑。
白くて小さい可憐な花が一面に広がっています。







今回の20kmチーム最年少参加者、中学2年生の”やっちゃん”も人生初の20km。
少し脚の痛みが出たりもしましたが、一緒にゴールを切りました。
そのまっすぐに頑張る姿に、大人たちも大いに刺激をもらいました。
一躍チームのアイドル!です。
同級生?か、沿道の中学生からも「がんばれー!」の声援がかかります。
バトミントン部で活躍しているという学校でも、きっとますますの人気者になることでしょう。
やっちゃん、ありがとうね!


そしてついにゴール。
みんなで横一列に手をつないで、せーのでゲートをくぐりました。
これもタイムを競わないマラニックならではです。
先にゴールした10kmチームも、拍手で迎えてくれます。
写真が手元にないため、この感動のゴールの様子をお見せできないのが残念!
きっと入手して、後日アップできるようにしたいと思います。


ということで、終始笑顔笑顔の「ぎんざんマラニック2011」でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
ぎんざんマラニック2011
過日はお疲れ様でした&ありがとうございました。
好天に恵まれ、いっそう楽しめたぎんざんマラニック2011でしたね。
水田ネタから思わぬご縁を知った貴重な大会でした。

私はこれまでに数々の大会に参加してきましたが、去年も今年もスタート時に時計のボタンを押し忘れてしまいました。
こういう大会は他になかなかありませんよね?(笑)

感動のゴールシーンの画像がアップされる日を楽しみにしています。
同窓生 2011/08/04(Thu)20:57:17 編集
Re:ぎんざんマラニック2011
同窓生 さま

コメントありがとうございます!
マラニックでもお世話になりました。

そうでしたね。
「水田の風景が新鮮なんです。出身の道東地域では稲作があまり見られないので・・・」
そのひとことから始まっての、ご縁の発見でした。

>去年も今年もスタート時に時計のボタンを押し忘れてしまいました。
マラニックを存分に楽しまれたようで、うれしいです。
スタッフ冥利に尽きます!
私は、日常のランニングではほとんど時計を押しません。
たまに計測しておこうかなという時でも、いつもの癖でついつい押し忘れるくらいです。
自由なランニングに浸りすぎても、困りものです~

感動のゴールシーンの画像、頑張って入手しますね!
・・・雪が降るまでには何とか~~!?
【2011/08/04 21:48】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]