忍者ブログ
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/22 kiyatchi]
[03/17 OK腹]
[01/23 OK腹]
[01/22 OK腹]
[01/22 まむりん]
最新TB
バーコード
 
[91] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは

もう数日経ってしまいましたが、
作戦隊長補佐(私)がスタッフをさせていただいている
アミノバリューランニングクラブin札幌の先日の練習会、
SAQトレーニングを行いました。

S?
A?
Q?

はい、

S は Speed
A は Agility
Q は Quickness

です。

長距離はとかく持久力がものをいう競技と思われがちですが、実はスピードはもちろんのこと、調整力や俊敏さも重要な要素としてパフォーマンスを左右します。
また、市民ランナーさんは、ともするとジョグやペース走などのRUNトレーニングに偏りやすくなりますよね。でもランニングのような繰り返しの動きばかりを重ねると、特定の筋肉や関節に大きく負荷=負担がかかり、疲労や故障・怪我を引き起こしやすくなります。
パフォーマンスの向上や故障・怪我の予防のためにも、SAQトレーニングのように沢山の筋群を動員し複雑な動きを含むトレーニングを日常的にぜひぜひ取り入れたいものです。


身体の使い方をいろいろ変えながらぴょんぴょんと跳んだり、

resize0351.jpg









ラダー(縄ばしごのようなトレーニング用具)を使って、素早くステップを踏んだり、

resize0352.jpg


・・・といった感じです。
慣れない動きにも、皆さん懸命に取り組んでいらっしゃいます!


ダッシュ系やステップ系など従来からあるものに加えて、低いハードルのようなものを使ったりなど各種用具を用いたトレーニングメニューも続々と編み出されているようです。
でも専用の用具がなくても、階段や石畳等を利用して、工夫次第でいろいろできますよ。


個々の筋力や関節可動性等は、残念ながら加齢とともに低下を免れませんが、
使い方を変えたり、同様の動きに対して動員する部位の数を増やすことで、
それを十分にカバーできるという話もあります。


本当におススメです。
S=すごーく、A=明日の自分に、Q=効きますよ!

(お粗末でした~~;;)
 

 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]