忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
[07/22 kiyatchi]
[03/17 OK腹]
[01/23 OK腹]
[01/22 OK腹]
[01/22 まむりん]
最新TB
バーコード
 
[18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今朝見つけました!

5分咲きくらい?でしょうか。

日当たりや土の温度や品種などの条件の違いなんでしょうね。

今日のこの気温で、各地の桜の固いつぼみもほころんできてくれるといいのですが。




さてさて、オオドオリ大学での授業化プレゼンで選に漏れ、
しばし落胆気分でいた作戦隊長補佐(私)ですが、
実は果たさなければならないことが待っていました。

既述のとおり、私自身は情報だけ持っていて経験がなかったアレンジ版ロゲイン。
授業化プレゼンでは、"授業"というだけあって"先生役"を立てる必要がありました。
札幌では知っている限りで開催されたことはない(はずな)ので、頼む相手もなく
「これから私が出げいこに行って勉強してきます・・・(汗)」と弱い主張をするしかありませんでした。
そうです、その出げいこが待っていたのです。

2月26日(土)、「横浜シティロゲイン」。人生初ロゲイン(アレンジ版)です。
スタート&ゴールは、横浜市のみなとみらい地区にある「みなとみらいスポーツパーク」。
まだ雪の中の札幌とは大違い!のやや汗ばむくらいの快晴の中、親子連れから本格ランナー風の方まで60組もの参加者が続々集まってきます。
主催者の清水さんも、最遠地から参加の私に声をかけてくださり、イベント運営についていろいろとお話を聞かせてくださいました。
受付の後は、配られた地図とにらめっこしながらスタート前の作戦タイムです。
そして主催者の清水さんから簡単なルール説明の後、10:00を待って一斉にスタート!
だれもがワクワク感溢れる笑顔なのが、とても印象的です。

横浜は何度か訪れたことがあるものの土地勘と呼べるほどの知識はない作戦隊長補佐(私)には、手元の地図が唯一の頼り。まぁ地図好きとしては返ってそれが楽しかったりも。
今回は”出げいこ”なので、走る・歩く・交通機関を使うのどれも経験してみようと考えて、
走りながらなんとなくにルートを決めました。
スタートまもなく、最初に選んだCP「アンパンマンミュージアム」に向かう途中で、地図を片手に背中に「(伊豆)大島」のプリントがされたジャンパーを着た方と遭遇し、しばし一緒に走りました。
私の次に遠方からの参加者さんで、大島での開催を目指しているとか。
こういう出会いもまた楽しみ、そして良い刺激になります。

あれは確か、6番目のCPから次に選んだCPへと地下鉄のひと区間分を走っていた時です。
住宅街の中を緩やかに流れる大岡川沿いの遊歩道で、信号も少なく本当に気持ちのいいFUNRUN。
花壇と並木が続いています。
桜、です。
川面を覆うように伸びるまだ目覚めの浅い枝々を見ながら「満開の頃はそれは美しいだろうなぁ・・・」と想像したその時に、思ってしまったんです。
「お花見フォトロゲイン」がっていいんじゃない!?  と。

札幌のお花見と言えば5月。2か月あればなんとか準備もできそう?、でも2か月しかないからすぐ取り掛からないと。オオドオリ大学の授業化はダメだったし…。ん?自分でやってみる!?

その後ゴールまでの道のりは、当のイベントのドキドキに加えて、イベント企画を思いついてしまった=一歩踏み出してしまったことへのドキドキも加わり、テンションは最高潮!
時々ひとりでニヤニヤしたりするという怪しい空気を醸し出しつつ、終始本当に楽しい3時間でした。
(ちなみにこの日は17か所のCPを回り、計501得点、30位)

アレンジ版ロゲイン。
同じルールとフィールドの上で、それぞれの楽しみ方ができる。
自分らしいデザインができる。
普段は足を向けない世界に出会える。
迫る時間のドキドキさもある。
その要素のどれもが、作戦隊長補佐(私)にフィットした。それが大きかったのです。

こうして、「札幌お花見フォトロゲイン」を実現すべく、よちよち歩きの一歩を踏み出したのですが・・・

・・・とこの続きはまたこんど。。。


いよいよ一週間後に迫りました、「札幌お花見フォトロゲイン2011」。
どうぞよろしくお願いいたします!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]