忍者ブログ
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
[07/22 kiyatchi]
[03/17 OK腹]
[01/23 OK腹]
[01/22 OK腹]
[01/22 まむりん]
最新TB
バーコード
 
[217] [216] [215] [214] [213] [212] [210] [211] [209] [208] [207]

★★★★★★
本文に先立って、お知らせです!
この『域学連携北海道利礼3町活性化モデル事業』の学生たちの取り組みについて、
本日9月19日(金)18:10からのネットワークニュース北海道で紹介されます。
直前のお知らせになりましたが、ご都合合えばどうぞご覧になってくださいね
〈作戦隊長補佐(私)は、ほぼ登場ナシのはずです〉。
★★★★★★



こんにちは


前回に引き続いて、いよいよ本番開催!となった
「利礼しまめぐりロゲイン」の模様を後編として紹介します。
前編はこちら⇒

約3週間ぶりに利尻島へ。


8月には、域学連携事業のプロボノワーカーとして、
参加学生に向けて「アレンジ版ロゲイン」開催のノウハウをお話しし、
ワークショップなど実践的なメニューも実施してきました。
その活動成果発表会に立ち会うために、
再び利尻町、そして今回は礼文町にも訪問となりました。

離島の秋はさぞかし涼しい・・・
と思っていたら、予想外にまだまだ気温の高い利尻島。
陽ざしがあると体感温度も結構高くなり、
過ごしやすい気候です。

学生たちは、最初に行われたキックオフミーティング以降は
利尻町、利尻富士町、礼文町の2島3町に分かれて活動していました。
発表会はこのうち利尻町と礼文町の2ヵ所での開催。
プログラムは共通で、
 ①利礼しまめぐりロゲイン
 ②ご当地グルメ試食会
 ③活動報告会
となっています。

「利礼しまめぐりロゲイン」の様子を中心に、
まずは利尻町編から・・・

予報では雨マークがあり、心配されたお天気。
4時~5時頃にザーーザーーザーーッとものすごい雨が降り、
どうなることか!と思いましたが、6時過ぎにはピタッとやんで、
そこからは晴れときどき曇りのまま経過しました。
アウトドアイベントとしては、これで半分成功?!のようなもの、ですが
安全のうちに終了するまではまだまだ気が抜けませんね。

「利礼しまめぐりロゲイン」午前10:30のスタートに向けて、
9:30には受付が開始できるよう準備がはじまります。
この日に向け終盤は睡眠時間を削って作業を続けてきた学生の皆さん。
疲労もたまりにたまっているはず・・・ですが、
そこは若さが補ってあまりあるようで、表情は元気そう。
もちろん緊張もあるのでしょうけれど。

さあ、待ちに待った第一号のしまめぐりロゲイン参加者は
かつて役場の観光課に在籍していたというこの方。
街のことはすみからすみまで知っている!と、意気揚々とした様子です。
担当の学生は、ひとりひとり丁寧に対応します。

続いて、馴染みの薄い「ロゲイン」のすすめ方について、
さらに今回の「利礼しまめぐりロゲイン」の特別ルールについて全体説明の時間。
説明をする学生も、説明を受ける参加者も、真剣な表情です。

作戦隊長補佐(私)自身もどうしたらわかりやすく説明ができるかなぁと
毎回試行錯誤をしながら・・・なんですよね。

いよいよスタートの時間が迫ってきました。
関係者ですが作戦隊長補佐(私)ももちろん参加。
優勝目指すぞーーーーー!
・・・オープン参加だけど。

制限時間は120分。
チェックポイントは、
利尻町の市街地を中心に、風光明媚なところや
街の生活の様子が感じられるところ、
そしてやっぱりなんか面白い~と感じるところなど、
計15ヶ所、225得点が設定されています。

こんなところや、

こんなところ、

そしてこれも。



地図上の目印が少ない上に、移動目安を読み違えたりして、
思いのほか苦戦しながらのチェックポイントめぐり。
街についての豆知識が得られる場所だったり、
撮影角度にこだわった設定だったりと、
学生の繰り出す”技”に感心したり楽しんだりしながら
利尻の街を身体まるごとで堪能する時間でした。

 


実は、利尻島全体版が作成されています。
この中から市街地に近いチェックポイントをピックアップしたのが
今回の成果発表会版なのです。
全体版は、今後地元の利尻町・利尻富士町で活用していくことが
予定されています。
一日で走ってまわるのは・・・ムリムリ~
『ツール ド 利尻』として宿泊しながら連戦!スタイルが生まれる?!
かも!?
かも!?


  
島間移動の中一日を空けて、
今度は礼文町での発表会開催です。

浜に沿って細く長く広がる街の形状の特性から
エリアやチェックポイントを決めるには
かなりの苦労があったと聞いています。



そうして当日朝まで作業をして出来上がった
「利礼しまめぐりロゲイン」礼文町版。
(イベント後に撮影したので、くしゃくしゃの状態です・・・)


礼文高校の生徒さんはじめ30名近くの参加者が集まりました。
 
 
 
わかりやすさに加えて空気を盛り上げることも大事。
シナリオを用意して説明にも工夫がみられます
(勉強になります!メモメモ・・・と)。


 

 
今回は4~5人のチーム戦。
作戦タイムも熱気を帯びています。



そして、
対岸の利尻富士を望みながら、いざスタート!


礼文町版のチェックポイントは30か所、合計で1000点です。

こんなところや、


こんなところ、


そしてこんなところも。


商店や飲食店に協力してもらい、
先着数量限定でプレゼントがもらえるというチェックポイントも。

 


全部まわれるかまわれないかギリギリ・・・という
巧妙な配分のチェックポイントを、
それぞれのペースでまわる120分でした。

 

ゴール後も、ふりかえっての談笑がはずみます。
こういう光景は、スタッフ冥利につきますね。



学生たちの夏、
域学連携事業はこの成果発表会をもってほぼ終了。
それぞれの地元に帰っていきます。

アレンジ版ロゲインをつくってみて、どんなことを感じ考え思うのか。
聞いてみたいことはたくさんあるのですが、
いつかまた機会があれば・・・にします。

これから学業に戻り、そして就職活動、
さらに社会人として歩む彼・彼女たち。
この事業での経験が財産として大なり小なり影響していくことでしょう。
その一端に関わったことを、私も財産にしたいと思います。


次回、番外編として、
この事業での「利礼しまめぐりロゲイン」以外のプログラムと、
利尻礼文での個人的なアレコレについて少し追記しますね。




♪♪♪ ヒャッカムweb. トップページは
      ⇒⇒⇒ こちらをクリック! ♪♪♪

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]